2009年11月1日

猫と暮らす家とは

猫達の本当の姿を見たくありませんか?

猫は飼われていたとしても、精神に野生の部分を残している動物です。

なのに、狩りはさせてもらえないし、走りたいのに直線距離は短すぎるし、 気が済むまで散歩をしたいのに、狭い家の中ではすぐに行き止まり。 ダッシュやジャンプ、高いところに行きたい衝動も、家の中ではまったくできない。 おもちゃみたいなキャットツリーじゃ、ちっとも楽しくないっていうか昼寝用のベッドです。

結局、人にとって都合が良く、それでいて、活き活きとした猫の姿を見たいなら、 「普通の家」ではダメだということを、多くの猫好きの方々が気づき始めた気がします。 私達が猫に対して無理強いしている「空間的制限」が一つでも多く無くなるように、 飼い主が、ちゃんと応えてあげれば、 「破壊行動」や「捕食行動」なしでも、猫たちの「躍動する本当の姿」を見ることはできるのです。

そんな実例をThe Cats' houseで確認してみてください。 これは「猫と住む家」に対するエンリッチメントの提案です。