Fauna+DeSIGN 一級建築士事務所ファウナ・プラス・デザイン
 menu2
menu
 カレンダー
«  «  2017 3月  »  »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
 最新ブログエントリ
講演・出版物 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2014/10/11

執筆者: fpd (4:11 pm)
TOKYO FM 『吾輩は犬である』を開始する。10月12日(日)午前7時~7時30分
に廣瀬慶二がゲスト出演します。

(以下番組紹介から)
 『吾輩は犬である』では、犬の目線で見つめた人間社会をユーモラスに描くとともに、“PET FRIENDLY”に賛同する各界の有識者、アーティストたちも続々登場してくる。いのちを大切に育むマインドやライフスタイルをリスナーと共有していくことを目指す。
番組の主人公は、1歳のオスの柴犬「マル」。飼い主のサトシは好奇心旺盛でちょっと社会派。ペットセラピーを実践している介護施設、ペットの譲り合い会の場所、ドッグカフェなど、毎週いろんなところに「マル」を連れていくという設定だ。ペット愛好家の有名人との出会いは、その「帰り道」に設けられる。ペットと一緒ゆえに、普段は見られない有名人の素の姿が垣間見え、リラックスした話が飛び出す。
「マル」の声は、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役で注目を集める、綿引さやかが担当する。
2014/02/01

執筆者: fpd (8:50 pm)
「ペット共生住宅の専門家として海外でも知られる、
建築家・廣瀬慶二さんが語る動物行動学から見たペット共生住宅のあり方」

というタイトルのインタビュー記事がオウチーノのサイト
http://www.o-uccino.jp/kenchikuka/special/pets/hirose.php
に掲載されています。

2012/10/29

執筆者: fpd (11:50 pm)
第15回「KOBEドリームキャッチプロジェクト」 認定企業に選ばれました。


http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2012/10/20121029140301.html


以下、公益財団法人神戸市産業振興財団のHPから抜粋
新規事業に挑戦する中小企業や起業家をワンストップで支援する「KOBEドリームキャッチプロジェクト」の第15回募集(5/9〜7/3)を行ったところ、53件の応募がありました。
「神戸ビジネスプラン評価委員会」が審査した結果、X-KOBE(非常に大きな競争力と将来性がある)」3件、N-KOBE(成長が期待できる)8件の認定を決定しました。今後、支援メニューを使い、事業化を後押しします。

N‐KOBE
襯侫.Ε福Ε廛薀后Ε妊競ぅ
神戸市中央区
動物行動学×建築学から猫と人の快適な暮らしを実現する「ネコハウス」と「ネコリフォーム」
2010/01/05

執筆者: fpd (11:50 pm)
「猫15匹犬5匹の家:The Cats' House」が、
アメリカ「San Francisco Chronicle」紙のweb版
SFGateで紹介されました。
2009/12/02

執筆者: fpd (11:50 pm)
「猫15匹犬5匹の家:The Cats' House」が、
アメリカのインテリア情報サイト
Apartment Therapyで紹介されました。
2009/11/29

執筆者: fpd (11:50 pm)
「猫15匹犬5匹の家:The Cats' House」が、
アメリカの猫とインテリアの情報サイト
moderncat.netで紹介されました。
2009/11/22

執筆者: fpd (12:00 am)
Project#022「猫15匹犬5匹の家:The Cats' House」の
内部空間と、そこで遊ぶ猫達の姿をご紹介する
写真集サイト猫の家 The Cats' Houseがオープンいたしました。

HOME HOME